小さいサイズで軽いモバイルバッテリーが使いやすい

モバイルバッテリーが充電できる回数は、モバイルバッテリーのおよそ7割ぐらいを占める容量の数値と、スマートフォンのバッテリーの容量を比較すると知ることが出来ます。

モバイルバッテリーのおよそ7割ぐらいを占める容量で比較するのは、スマートフォンを充電するときに必要となる電圧変換の作業によって、充電できない電力が、およそ3割ぐらい発生するためになります。

通勤しているときなどに充電を1日に1回だけ行なう場合は、一般的な大きさのスマートフォンの場合は3,000mAhのモバイルバッテリー、大型のスマートフォンの場合は5,000mAhのモバイルバッテリーが適しています。

容量が大きい方が良いように感じますが、容量が大きいとサイズも大きく重たくなってしまいます。

毎日使うものであれば、適度な容量で軽いサイズも小さいものを選ぶ方が使い勝手が良いです。

旅行や、出張で使ったり、幾つかのスマートフォンや、タブレット端末を充電するのであれば、10,000mAhの容量が大きなモデルが適しています。

コメントを残す